本日の人気記事

英会話=語彙力・フレーズ力だと思わない

普段、色んな方と面談をして悩みとして出て来るのは

私の英会話が上達しないのは語彙力のせいでしょうか?

ということですが、

いつも、「違います」と思いながら聞いています(笑)

では、何でしょうか?

 

英語力は語彙力?

 

中学や高校で英語を学んだのに

英語が話せないのは

語彙力が原因ではないのです。

 

では、語彙力でないのなら、

何が原因なのでしょうか?

 

今日はそれを述べてみたいと思います。

 

英会話の上達が早い方の特徴とは?

 

英会話の上達が早い方に共通する特徴ですが、

表現したい日本語の意味を噛み砕き、

知っている英語の表現に置き換える(リフレージング)

ことが素早くできるということです。

 

英語の上級者でしたら、

いちいち日本語で考えずに

英語を英語で考えることができるように

なるのですが、

 

最初は、日本語で考えて

英語に置き換えるということをしていました。

 

しかし、その速度を上げていくと、

次第に日本語から英語にするのが

面倒に感じてきて、

 

最後は日本語にしなくとも

感覚的なものが日本語に変わる前に

英語になるということです。

(ちゃんとした文章になっていますかね?)

 

英会話=言い換え力

つまり、「英会話=言い換え力」なのです

日本語を100%そのまま直訳することは不可能です。

というのは100%対応する表現が少ないからです。

 

まずは、この直訳癖をすぐに止められるかが

素早く上達するコツなのです。

 

例えば、「私を迎えにくる」

come (and) get me, come (and) pick me up,

come to get me, come to pick me up

call for me, come for me

 

と挙げればきりがないくらい表現があります。

すると「どれを優先して使ったらいいか?

という質問を受けますが、

 

どれでも言いやすい表現を数個使えばいい

というのが正直な気持ちです。

 

そんなことを思いました。

 

関連する記事

少しでもお役に立てましたら、たまに応援クリックしていただけますとうれしいです!

人気ブログランキングへ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

この記事の著者

脳が勝手に記憶する『ユダヤ式英語勉強法』著者 加藤なおし
脳が勝手に記憶する『ユダヤ式英語勉強法』著者 加藤なおし

脳が勝手に記憶する『ユダヤ式英語勉強法』著者
オンライン英会話塾「加藤塾」塾長
加藤なおし
高校卒業後、「ユダヤ人たちに英語が上達する術を学びたい」と思い立ち、ユダヤ人比率が高いニューヨーク州立大学に入学、多くのユダヤ人教授や学生とともに学ぶ。
卒業後、経営コンサルティング会社勤務などを経て、大手学習塾と英会話スクールで8年以上英語講師として活動。
その後独立して、動画を見ながらつぶやくだけで英語が話せるようになるオンライン英語塾「加藤塾」を立ち上げる。
10歳から83歳の幅広い年齢層に対し、英会話初心者でも短期間で英語が話せるようになる方法を伝えている。
語学を通じて世界を広げ、なりたい自分を実現するためのお手伝いをしている。
→さらに詳しいプロフィールはこちら

この著者の最新の記事

人気の記事



著者プロフィール


脳が勝手に記憶する『ユダヤ式英語勉強法』著者
オンライン英会話塾「加藤塾」塾長
加藤なおし
高校卒業後、「ユダヤ人たちに英語が上達する術を学びたい」と思い立ち、ユダヤ人比率が高いニューヨーク州立大学に入学、多くのユダヤ人教授や学生とともに学ぶ。
卒業後、経営コンサルティング会社勤務などを経て、大手学習塾と英会話スクールで8年以上英語講師として活動。
その後独立して、動画を見ながらつぶやくだけで英語が話せるようになるオンライン英語塾「加藤塾」を立ち上げる。
10歳から83歳の幅広い年齢層に対し、英会話初心者でも短期間で英語が話せるようになる方法を伝えている。
語学を通じて世界を広げ、なりたい自分を実現するためのお手伝いをしている。
→さらに詳しいプロフィールはこちら

友達&フォロー大歓迎です!