本日の人気記事

初心者でも簡単。楽しい英単語の覚え方!効率的な6つのコツ

皆さんは、「単語がどうしても覚えられない」

「いったいどうすれば語彙は増やせるのか」

と、英単語を覚えるのに苦戦されていませんか?

私自身、学生時代に単語を覚えるのが苦手でした。

 

息が詰まる思いで暗記し、もう大丈夫!と思っても、

すぐに記憶から泡のように消えてしまい、ずいぶん悩みました。

でも、その苦い経験を糧に、楽に覚えられるように工夫を重ねてコツを掴み、

ネイティブの友達との会話でも、

覚えた単語で圧倒的にスムーズにコニュニケーションが取れるようになれました。

この習得法は、効率的に楽に覚えられ、長期的に記憶に残すことができるのです。

そして、英語力全体がUPし英会話力ももちろん上がります。

 

同じ時間を使うのに、効率はとても大切ですね。

英語の勉強に「単語を覚える作業」は当然のこととして考えられていますが、

「苦」を伴う作業は非効率だと思われませんか?

 

ぜひ「楽」に「楽しく」英単語を覚える方法を実践していただき、

憂鬱な勉強法から脱出しましょう!

 

>>毎日3フレーズの英語習慣<<<

こちらからメルマガ登録して毎日3フレーズずつ英会話の実践フレーズを学びましょう!

メールアドレス:  (必須)
 

 

「単語を覚えられない」という「敵」を知る

 

book-15584_1920
なにごとも「敵」を知ることで効果的な攻略法をあみだしますよね。

ということで、「単語を覚えられない理由」を考えてみましょう。
  1. 英語と日本語が結びつかない

例えば、

exclusive「排他的な」

patio「(スペイン風の)中庭」

など、日本語でも目にすると一呼吸置いて、

「ん?」と、考えないとならない表現は多いですよね。

そんな日本語と結びつかない英単語の丸暗記は積み重なると

「苦行」となっていきモチベーションも下がります。

だから覚えられません。

 

2. 発音と綴りが一致しない

アルファベットを初めて習ったのが「ローマ字」の学習ですね。

これと違って英単語はつづりが発音と一致しないことで、

抵抗感が生まれなかったでしょうか。

英単語にも規則性はありますが、習得にはやはり時間がかかります。

だからやっぱり覚えにくいのです。

 

3.日常的に使わない

「生きた英会話」というような英語塾のキャッチフレーズを耳にしたことがありますが、

確かに言葉というものは「生活」や「日常」に溶け込んでこそ吸収できるものだと思います。

日本でいかに英語に親しむ生活をするかが大切ですが、

せっかく覚えた単語を日常生活でアウトプットする機会を

うまく見つけられない方が多いように思います。それも工夫が必要ですね。

活用されないと「生きた英単語」ではないので覚えられないのです。

>>毎日1分で3フレーズずつ覚える無料英語講座>>

 

「楽」に覚える英単語習得法

child-865116_1920
 

お待たせしました。覚えにくい理由という「敵を」洗い出したところで、

いよいよ攻略法、単語の覚え方のコツをお伝えしたいと思います。

この方法を実践すれば、

1.短時間で単語と熟語が覚えられる

2.しつこく書いて覚えなくて良い

3.長期的に定着する

4.覚えた単語が英会話でスラスラ使えるようになる

5.覚えた単語が英文に自然に使えるようになる

6.リスニング力が飛躍的に伸びる

という効果があります。

 

「本当に?!」

と今までご苦労を重ねてきた方々には疑われそうですが、

ぜひご紹介する方法を実践して見てください。

必ず楽に身につきますよ!

私が単語の暗記に疲れ果てた結果、工夫を重ねて発見した

「苦」から解放され、英語の底力もUPする「楽しい」単語習得法です。

 

1.英文ごと覚える

単語だけでなく必ず英文ごと覚えます。

例えば、

dissolve 「溶かす」

と、単語だけ覚えるよりも

Dissolve sugar into syrup.

「砂糖を溶かしてシロップにしてね」

と文章の方が、イメージがわきませんか?

覚えやすく、短時間で記憶に残ります。

単語だけ丸覚えは苦痛が伴う場合もありますが、

この方法だと覚えやすいのでモチベーションも下がることなく

スムーズに進めていけます。

 

2. 日本語を見てから英語で言えるようにする

日本語(5秒以内)見て→すぐに英語を言う

を、繰り返してください。

覚えていなければ

すぐに英文を確認して→見ないで言う

で、オッケーです。英語→日本語→英語と

何回もいったり来たりしないで

取り組むので時間短縮で効率的です。

 

3. 自分に関連のある例文に変えてしまう

教材の例文は自分の生活とは遠い内容の場合が多々あります。

これもまた、覚えにくい要因になりますので、身近な内容に書き変えてください。

こうして単語のかたまりを増やしながら、

楽しく自分ストーリーを音読して覚えてくださいね。

これが単語習得と魅力的な会話力向上に効果抜群です。

その時に主語が「I」「you」ばかりでなく、

三人称単数「-s」なども織り交ぜられるように

「he/she」なども入れましょう。

家族や恋人、愛犬などの楽しいストーリーなど、いいですね。

正しい語形変化をその都度考えなくても

自然に感覚で身につけられるチャンスでもあります。

 

4. 音源を利用する

テキストに付属のCDを利用するなど、

教材を目で見て、さらに耳で聞いて覚えると何倍も覚えやすくなります。

最初はコピーするかのように声に出して呟きながら、

その後にクリアに発音、リズムを意識して練習しましょう。

うまく言えるようになると気分が上がりますよ!

単語を覚える時に正しい発音をセットにすると長期的に記憶に正しく残りますので、

後にとっても楽になります。

 

5.音読することを忘れない

体で音のリズムをとりながら音読することを忘れないでください。

言語学習は五感を使って覚えるのが効果的です。

「見る」「聞く」「話す」を体でリズムをとりながら行うことで

何倍も記憶に残りやすくなります。

また、できるだけ大きな声で練習することで、

日本語には不要だけれど英語には必要な口の筋肉が鍛えられます。

英単語を覚える作業にぜひ組み込んでトータルで英語力を底上げしましょう。

6. ネイティブと話しているつもりで練習する

1~5の全てにおいて、いつも隣にネイティブスピーカーがいて

話していると想定しましょう。

発音の練習、自作の例文の音読、また、音源のリスニングをする中で

誰かと会話しているつもりでしていると、

想像の中ではありますが、実戦に近い経験ができます。

こうして英語を自分の「日常」に取り入れましょう。

もしかしたら、好きな俳優さんや著名人の写真を置いておいて

イメージするのも面白いかもしれませんね。

この練習を繰り返すことで英単語の楽しい習得はもちろんのこと、

実際の英会話のシチュエーションで言葉が出やすくなります。

>>毎日1分で3フレーズずつ覚える無料英語講座>>

 

まとめ

 

今回は「不毛な苦行」になりがちな英単語の覚え方を見直し、

「楽しく覚える6つのコツ」をご紹介したしましたがいかがでしたでしょうか?

効率よく楽に覚えられて、しかも忘れない上に、

英会話力も上がるという方法でしたね。

 

6つのコツの要点を整理すると、

1. 英文ごと覚える

2.日本語を見てから英語で言えるようにする

3.自分に関連のある例文に変えてしまう

4. 音源を利用する

5. 音読することを忘れない

6.ネイティブと話しているつもりで練習する

と言うことでしたね!

実践していただければ、英単語のみならず、

英語力全体が上がります。

英語で自分を自由に表現するために、

とにかく「聞き手がいる」という想定で、

アウトプットを意識して、ぜひ楽しく英単語を習得してくださいね!

 

【細かなニュアンスまでマスター】

英会話初心者の方が中学英文法を効果的に復習して

4時間で英語が自然と口から話せるようになりたい方は、

こちらの講座もオススメです。

よろしければこちらからご覧ください。

 

関連する記事

少しでもお役に立てましたら、たまに応援クリックしていただけますとうれしいです!

人気ブログランキングへ

コメント

    • 細田京子
    • 2018年 1月 21日

    何年勉強してもボキャブラリーが増えません。悲し〜〜!
    本当に覚えられるなるなら、ぜひやってみたいです。

    • 脳が勝手に記憶する『ユダヤ式英語勉強法』著者 加藤なおし
      • 脳が勝手に記憶する『ユダヤ式英語勉強法』著者 加藤なおし
      • 2018年 1月 21日

      コツが必要なので、ぜひ今回の記事を参考に頑張って見てください!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

この記事の著者

脳が勝手に記憶する『ユダヤ式英語勉強法』著者 加藤なおし
脳が勝手に記憶する『ユダヤ式英語勉強法』著者 加藤なおし

脳が勝手に記憶する『ユダヤ式英語勉強法』著者
オンライン英会話塾「加藤塾」塾長
加藤なおし
高校卒業後、「ユダヤ人たちに英語が上達する術を学びたい」と思い立ち、ユダヤ人比率が高いニューヨーク州立大学に入学、多くのユダヤ人教授や学生とともに学ぶ。
卒業後、経営コンサルティング会社勤務などを経て、大手学習塾と英会話スクールで8年以上英語講師として活動。
その後独立して、動画を見ながらつぶやくだけで英語が話せるようになるオンライン英語塾「加藤塾」を立ち上げる。
10歳から83歳の幅広い年齢層に対し、英会話初心者でも短期間で英語が話せるようになる方法を伝えている。
語学を通じて世界を広げ、なりたい自分を実現するためのお手伝いをしている。
→さらに詳しいプロフィールはこちら

この著者の最新の記事

人気の記事



著者プロフィール


脳が勝手に記憶する『ユダヤ式英語勉強法』著者
オンライン英会話塾「加藤塾」塾長
加藤なおし
高校卒業後、「ユダヤ人たちに英語が上達する術を学びたい」と思い立ち、ユダヤ人比率が高いニューヨーク州立大学に入学、多くのユダヤ人教授や学生とともに学ぶ。
卒業後、経営コンサルティング会社勤務などを経て、大手学習塾と英会話スクールで8年以上英語講師として活動。
その後独立して、動画を見ながらつぶやくだけで英語が話せるようになるオンライン英語塾「加藤塾」を立ち上げる。
10歳から83歳の幅広い年齢層に対し、英会話初心者でも短期間で英語が話せるようになる方法を伝えている。
語学を通じて世界を広げ、なりたい自分を実現するためのお手伝いをしている。
→さらに詳しいプロフィールはこちら

友達&フォロー大歓迎です!