本日の人気記事

プルプルパンケーキは英語で何て言う?

朝食で有名なBillsにいってきました。

そこで、こんな感じのパンケーキを

見つけたのですが・・・

「はて、英語で何というか・・・」

と考え込んでしまった。

 

まずはこの映像をみて欲しい。

「プルプル」ですよね?

これを英語でどう表現しますか?

今日はコラム的に解説したいと思います。



まずgummy

これは「ゴムっぽい」ことを表すのに使う。

「グミグミした」歯ごたえ、もしくは粘着性を感じる様子を

そう言うらしい。うん、これは違うな。

 

次に、mushy。

トロトロな様子。おかゆのような柔らかくトロトロした状態をそう言う。

離乳食のイメージかなぁ。これも違う。

 

ふわっとした食感ということで、

soft「柔らかい」かなぁと思う。

容易に形が変わる様子をそういうらしい。

ふわっとした感じが出せるのでこれが一番近いかも。

 

ちなみにこういった「食感」を表す英単語に

chewy「もちもちした、食べ応えのある」

顎を使うビーフジャーキーやキャラメルみたいな

ものに使う。

 

gooey「ねっとり」

お菓子やシロップで多用した甘いお菓子を

想像してみてください。

sticky「ねばつく」「ベタベタする」

と少し似た感じですかね。

 

次にmoist「しっとり」

基本的に「湿った」という意味が

moistだから、ちょっと違うかな。

チョコレートケーキとか

チーズケーキに使うようです。

「生地はしっとり」みたいな・・・・

 

色々、単語を考えてみましたが、

このパンケーキを見たときに

プリンやゼリーが小刻みに揺れて

プルプルしている様子だと思ったので

jiggyが適切かなぁ。

動詞jiggle「小刻みに揺れる」の形容詞でjiggy。

弾力で崩れず弾むように揺れるから

jiggy pancakeということにします。

英語は奥が深いですねぇ・・・

 

関連する記事

少しでもお役に立てましたら、たまに応援クリックしていただけますとうれしいです!

人気ブログランキングへ

コメントは利用できません。

この記事の著者

脳が勝手に記憶する『ユダヤ式英語勉強法』著者 加藤なおし
脳が勝手に記憶する『ユダヤ式英語勉強法』著者 加藤なおし

脳が勝手に記憶する『ユダヤ式英語勉強法』著者
オンライン英会話塾「加藤塾」塾長
加藤なおし
高校卒業後、「ユダヤ人たちに英語が上達する術を学びたい」と思い立ち、ユダヤ人比率が高いニューヨーク州立大学に入学、多くのユダヤ人教授や学生とともに学ぶ。
卒業後、経営コンサルティング会社勤務などを経て、大手学習塾と英会話スクールで8年以上英語講師として活動。
その後独立して、動画を見ながらつぶやくだけで英語が話せるようになるオンライン英語塾「加藤塾」を立ち上げる。
10歳から83歳の幅広い年齢層に対し、英会話初心者でも短期間で英語が話せるようになる方法を伝えている。
語学を通じて世界を広げ、なりたい自分を実現するためのお手伝いをしている。
→さらに詳しいプロフィールはこちら

この著者の最新の記事

人気の記事



著者プロフィール


脳が勝手に記憶する『ユダヤ式英語勉強法』著者
オンライン英会話塾「加藤塾」塾長
加藤なおし
高校卒業後、「ユダヤ人たちに英語が上達する術を学びたい」と思い立ち、ユダヤ人比率が高いニューヨーク州立大学に入学、多くのユダヤ人教授や学生とともに学ぶ。
卒業後、経営コンサルティング会社勤務などを経て、大手学習塾と英会話スクールで8年以上英語講師として活動。
その後独立して、動画を見ながらつぶやくだけで英語が話せるようになるオンライン英語塾「加藤塾」を立ち上げる。
10歳から83歳の幅広い年齢層に対し、英会話初心者でも短期間で英語が話せるようになる方法を伝えている。
語学を通じて世界を広げ、なりたい自分を実現するためのお手伝いをしている。
→さらに詳しいプロフィールはこちら

友達&フォロー大歓迎です!