本日の人気記事

パクチーは英語で何という?

私はパクチーが大好きで、必ず大盛りで頼むのですが、

あなたはいかがですか?

このパクチー、好き嫌いがはっきりと

わかれるのであまり強くお勧めできないのが残念です。

 

でも、パクチーが好きでも嫌いでも

英語でどう言うか知らないと、

大好きなパクチーを大盛りにしたり、

大嫌いなパクチーを抜いたりできません。

パクチーが嫌いな人が海外にいった時に、

「No パクチー, please」と言っても通じくて、

結局、独特の臭いのパクチーが運ばれてきた・・・

そうなんです。パクチーは英語ではなく、

タイ語だから。タイでしか通じないのです・・・

 

そこで今日は、このパクチーは

英語でどのように言うのか

まとめてみました。

>>>最新の英会話の勉強方法について解説動画をみる<<

 

実はいろんな呼び方をする植物

元々は地中海東部原産で、

古くからいろんな地域で食用とされてきたそうです。

特に

中華料理、タイ料理、インド料理、ベトナム料理、

メキシコ料理、ポルトガル料理などで

葉をハーブに、果実をスパイスとして

広く使われてきました。

(茎や根をスープにする料理もあるそうです)

 

中国では香菜(シアンツァイ)と呼ばれ、

タイではパクチー、

ベトナムではザウムイ、

そしてインドではダニヤー、

ポルトガルではコエントロと

呼ばれています。

>>>最新の英会話の勉強方法について解説動画をみる<<

 

corianderとcilantro

 

 

英語では普通corianderと言います。

ただ、日本語でもそうですが多くの場合

果実や葉を乾燥させて香辛料として

corianderと呼ぶことが多いです。

 

一方スペイン語でcilantroと中南米で言われ、

中南米の移民が多いアメリカでは

スープやサルサでよく見るからでしょうか、

葉っぱの部分をcilantroと英語でも言います。

他にもChinese parsleyなどとも言うので

一緒に覚えておきましょう。

 

いかがでしたか?

同じ植物でも料理の食材として

いろんな国で使われてきて

呼び名がそれぞれ違っていて面白いですね。

英語では基本的にはcoriander。

アジア料理のスパイスとしてChinese parsley

アメリカではスペイン語のcilantro

がそのまま使われているのも面白いですね。

ぜひ参考にしてください。

>>>最新の英会話の勉強方法について解説動画をみる<<

 

関連する記事

少しでもお役に立てましたら、たまに応援クリックしていただけますとうれしいです!

人気ブログランキングへ

コメントは利用できません。

この記事の著者

脳が勝手に記憶する『ユダヤ式英語勉強法』著者 加藤なおし
脳が勝手に記憶する『ユダヤ式英語勉強法』著者 加藤なおし

脳が勝手に記憶する『ユダヤ式英語勉強法』著者
オンライン英会話塾「加藤塾」塾長
加藤なおし
高校卒業後、「ユダヤ人たちに英語が上達する術を学びたい」と思い立ち、ユダヤ人比率が高いニューヨーク州立大学に入学、多くのユダヤ人教授や学生とともに学ぶ。
卒業後、経営コンサルティング会社勤務などを経て、大手学習塾と英会話スクールで8年以上英語講師として活動。
その後独立して、動画を見ながらつぶやくだけで英語が話せるようになるオンライン英語塾「加藤塾」を立ち上げる。
10歳から83歳の幅広い年齢層に対し、英会話初心者でも短期間で英語が話せるようになる方法を伝えている。
語学を通じて世界を広げ、なりたい自分を実現するためのお手伝いをしている。
→さらに詳しいプロフィールはこちら

この著者の最新の記事

人気の記事



著者プロフィール


脳が勝手に記憶する『ユダヤ式英語勉強法』著者
オンライン英会話塾「加藤塾」塾長
加藤なおし
高校卒業後、「ユダヤ人たちに英語が上達する術を学びたい」と思い立ち、ユダヤ人比率が高いニューヨーク州立大学に入学、多くのユダヤ人教授や学生とともに学ぶ。
卒業後、経営コンサルティング会社勤務などを経て、大手学習塾と英会話スクールで8年以上英語講師として活動。
その後独立して、動画を見ながらつぶやくだけで英語が話せるようになるオンライン英語塾「加藤塾」を立ち上げる。
10歳から83歳の幅広い年齢層に対し、英会話初心者でも短期間で英語が話せるようになる方法を伝えている。
語学を通じて世界を広げ、なりたい自分を実現するためのお手伝いをしている。
→さらに詳しいプロフィールはこちら

友達&フォロー大歓迎です!