本日の人気記事

play it by ear「即興で演奏する」のスラング表現の意味とは?

今日はスラングな表現。

play it by earというのを紹介したいと思います。

1日3フレーズの英会話習慣、

>>加藤なおしのメルマガはこちら<<

メールアドレス  必須
>>>最新の英会話の勉強方法について解説動画をみる<<<

 

基本的な意味

 

 

まず文字通りの意味ですが、

「耳によって演奏する」=「即興で演奏する」

という基本的な意味があります。

 

色々と入れ替えて、

play the guitar by ear

「楽譜を見ずに聞き覚えでギターを演奏する」

play the piano by ear.

「楽譜を見ずに聞き覚えでピアノを演奏する」

というのが基本的な使い方。

 

 

他にもplay it by ear

「即興でやる」、「ぶっつけ本番でやる」

「その場の状況に合わせてやる」

という意味があります。

こんな感じに使うのがスラングです。

I’ll play it by ear until I am really stuck.

「本当に行き詰まるまで臨機応援にやろう」

>>>最新の英会話の勉強方法について解説動画をみる<<<

 

 

go with the flowと近い意味

 

 

この意味では

go with the flow.

「流れに合わせる」から派生して

「なるがまま受け入れる」

「他人や周囲と協調する」

という意味を持つ

スラングに似ています。

 

play it by ear

他にも色々意味があるのですが、

スラング的な意味として

「後まで決断を先延ばしにする」

という意味もあるので、面白いですね。

 

>>>最新の英会話の勉強方法について解説動画をみる<<<

 

 

まとめ

 

 

本日はplay it by earについて

紹介しましたが、いかがでしたか?

もう一度、整理すると、

play it by earの意味は

「即興で演奏する」

「なるがまま受け入れる」

「他人や周囲と協調する」

「後まで決断を先延ばしにする」

というような様々な意味が

あるのでしたね?

何かの参考にしていただければ、

嬉しい限りです。

1日3フレーズの英会話習慣、

>>加藤なおしのメルマガはこちら<<
メールアドレス  必須
>>>最新の英会話の勉強方法について解説動画をみる<<<

 

 

 

関連する記事

少しでもお役に立てましたら、たまに応援クリックしていただけますとうれしいです!

人気ブログランキングへ

コメントは利用できません。

この記事の著者

脳が勝手に記憶する『ユダヤ式英語勉強法』著者 加藤なおし
脳が勝手に記憶する『ユダヤ式英語勉強法』著者 加藤なおし

脳が勝手に記憶する『ユダヤ式英語勉強法』著者
オンライン英会話塾「加藤塾」塾長
加藤なおし
高校卒業後、「ユダヤ人たちに英語が上達する術を学びたい」と思い立ち、ユダヤ人比率が高いニューヨーク州立大学に入学、多くのユダヤ人教授や学生とともに学ぶ。
卒業後、経営コンサルティング会社勤務などを経て、大手学習塾と英会話スクールで8年以上英語講師として活動。
その後独立して、動画を見ながらつぶやくだけで英語が話せるようになるオンライン英語塾「加藤塾」を立ち上げる。
10歳から83歳の幅広い年齢層に対し、英会話初心者でも短期間で英語が話せるようになる方法を伝えている。
語学を通じて世界を広げ、なりたい自分を実現するためのお手伝いをしている。
→さらに詳しいプロフィールはこちら

この著者の最新の記事

人気の記事



著者プロフィール


脳が勝手に記憶する『ユダヤ式英語勉強法』著者
オンライン英会話塾「加藤塾」塾長
加藤なおし
高校卒業後、「ユダヤ人たちに英語が上達する術を学びたい」と思い立ち、ユダヤ人比率が高いニューヨーク州立大学に入学、多くのユダヤ人教授や学生とともに学ぶ。
卒業後、経営コンサルティング会社勤務などを経て、大手学習塾と英会話スクールで8年以上英語講師として活動。
その後独立して、動画を見ながらつぶやくだけで英語が話せるようになるオンライン英語塾「加藤塾」を立ち上げる。
10歳から83歳の幅広い年齢層に対し、英会話初心者でも短期間で英語が話せるようになる方法を伝えている。
語学を通じて世界を広げ、なりたい自分を実現するためのお手伝いをしている。
→さらに詳しいプロフィールはこちら

友達&フォロー大歓迎です!