本日の人気記事

りんごは剥いたら数えられない?初心者でもわかる冠詞の謎。

中学1年生のとき、

This is an appleという例文を

初めて習った人も多いかと思います。

 

日本語に直すと、

「これはりんごです」ですが、

日本語の文には冠詞aの要素が

なんと、全く見当たらないのです。

 

それもそのはず、日本語には

冠詞という概念そのものがないのです。

 



毎日3フレーズの英語学習習慣、

>>>最新の英会話の勉強方法について解説動画をみる<<<

 

aをつけるかどうかのネイティブの世界観


英語には

「数えられるかどうか」

「その数は1つかそれ以上か」

にこだわる言語。

 

2つ以上のりんごには

applesのように

複数形という形が存在するのは、

ご存知の通りです。

 

ところがりんごを半分にすると

どうなるでしょうか?

 

私たちにとっては

りんごを半分にしようが、

切って分けようが

擦ってしまおうが、何をしても

「りんご」は「りんご」。

 

しかし、英語が母語である

ネイティブにとっては

加工されたもの」は食材として扱われ

単数でも複数でもなくなる

(数えられなくなる)

のが不思議ですね。

>>>最新の英会話の勉強方法について解説動画をみる<<<

 

breadの場合


「パン」を表すbreadの場合ですと、

さらに話が違ってきます。

 

日本人にとってパンは

1個、2個と個数で数えることが

できそうですが、

ネイティブにはそうは行きません。

 

彼らにとっては、

粉を練って焼いた生地

と眼に映るので

数えられないものと判断しているのです。

>>>最新の英会話の勉強方法について解説動画をみる<<<

familyは単数扱い?


では、familyはどうでしょうか?

familyは全員が揃って家族だから、

子供が何人いようが、

基本的には集合名詞で単数扱いをします。

 

ところが、

家族一人一人を意識した時や

2家族以上のことを示す場合は

複数形のfamiliesとする場合があるのに注意しましょう。

>>>最新の英会話の勉強方法について解説動画をみる<<<

 

冠詞や複数形のポイント


ここで名詞を考える上でのポイントを

整理しておきましょう。

・加算名詞が単数なら冠詞(a/an)がつく。

・2つ以上だと-s/-esがついて複数形

・加算名詞でも加工(切るなど形が変わる)される不可算名詞になるものがある

・一般常識や皆が「それ」とわかるものには定冠詞(the)をつける

>>>最新の英会話の勉強方法について解説動画をみる<<<

 

まとめ

今日は名詞についてまとめましたが、

いかがでしたか?

 

もう一度、今回の内容を復習すると、

個数が数えられるようなりんごのようなものでも、

切ったり、擦ったりして形状を変えた場合、

「加工されたもの」として扱われるため、

数えられなくなる。

 

さらに、パンなどのように

粉を練って焼いた生地は

数えられず、

aやanはもちろん、

複数形にすることができない。

 

家族や警察など

集合名詞は単数扱いをする。

などを習いましたね。

 

ネイティブにとって捉えている

景色は同じでも、

我々日本人とネイティブでは

世界の切り取り方が違うので

語学を通じて異なる文化背景すら感じて

いただけたと思います。

ぜひ何かの参考にしていただければ

嬉しく思います。

 



毎日3フレーズの英語学習習慣、

>>加藤なおしのメルマガはこちら<<
メールアドレス  必須
>>>最新の英会話の勉強方法について解説動画をみる<<<

 

関連する記事

少しでもお役に立てましたら、たまに応援クリックしていただけますとうれしいです!

人気ブログランキングへ

コメントは利用できません。

この記事の著者

脳が勝手に記憶する『ユダヤ式英語勉強法』著者 加藤なおし
脳が勝手に記憶する『ユダヤ式英語勉強法』著者 加藤なおし

脳が勝手に記憶する『ユダヤ式英語勉強法』著者
オンライン英会話塾「加藤塾」塾長
加藤なおし
高校卒業後、「ユダヤ人たちに英語が上達する術を学びたい」と思い立ち、ユダヤ人比率が高いニューヨーク州立大学に入学、多くのユダヤ人教授や学生とともに学ぶ。
卒業後、経営コンサルティング会社勤務などを経て、大手学習塾と英会話スクールで8年以上英語講師として活動。
その後独立して、動画を見ながらつぶやくだけで英語が話せるようになるオンライン英語塾「加藤塾」を立ち上げる。
10歳から83歳の幅広い年齢層に対し、英会話初心者でも短期間で英語が話せるようになる方法を伝えている。
語学を通じて世界を広げ、なりたい自分を実現するためのお手伝いをしている。
→さらに詳しいプロフィールはこちら

この著者の最新の記事

人気の記事



著者プロフィール


脳が勝手に記憶する『ユダヤ式英語勉強法』著者
オンライン英会話塾「加藤塾」塾長
加藤なおし
高校卒業後、「ユダヤ人たちに英語が上達する術を学びたい」と思い立ち、ユダヤ人比率が高いニューヨーク州立大学に入学、多くのユダヤ人教授や学生とともに学ぶ。
卒業後、経営コンサルティング会社勤務などを経て、大手学習塾と英会話スクールで8年以上英語講師として活動。
その後独立して、動画を見ながらつぶやくだけで英語が話せるようになるオンライン英語塾「加藤塾」を立ち上げる。
10歳から83歳の幅広い年齢層に対し、英会話初心者でも短期間で英語が話せるようになる方法を伝えている。
語学を通じて世界を広げ、なりたい自分を実現するためのお手伝いをしている。
→さらに詳しいプロフィールはこちら

友達&フォロー大歓迎です!